ひふみっくす!

副業や投資、FXで脱サラするための知識やコツを、4年で1億2000万の利益を叩き出したFXトレーダーひふみが徹底解説!

【5分で学ぶ!】レジサポラインの引き方、使い方のコツを簡単に解説!

レジサポラインの引き方、使い方を簡単に解説

こんにちは、ひふみです。

今回はFXをやる上での必修スキルといってもいい「レジザポラインの引き方」を解説していきます

引けるようになればチャートの反転ポイントがわかるようになるため。

逆張りエントリーや利確の目安を作ったりできるようになります。

簡単なので最後まで読んでくださいね!

1. レジスタンスラインとサポートライン

レジスタンスラインとサポートラインは相場の転換を見極めるうえで非常に重要なものです。

レジスタンスラインとサポートラインの説明
赤線がレジスタンスライン

このように線が引いてあるところできれいに反発していますよね。

つまり、ここで反転を予想できれば逆張りで入ることができ、利益を得ることができるのです。

1.1 レジスタンスライン(抵抗線)

FXのレジスタンスライン(抵抗線)

レートが上昇中にある一定の価格帯で反発し、上から上昇を押し下げて抵抗しているということで「レジスタンスライン(抵抗線)」といいます。

簡単に言うと、チャートよりも上にある線と考えるとよいです。

レジスタンスラインを引くことができたらそこで「売り」で入りましょう。

1.2 サポートライン(支持線)

FXのサポートライン(支持線)

サポートラインは反対で、チャートよりも下にある線のこといいます。

レードが下降中に、下がらないよう下で支えている(支持している)ということから「サポートライン(支持線)」といいます。

サポートラインの場合は、「買い」で入りましょう。

1.3 ブレイク

レジスタンスラインとサポートライン(以下、レジサポラインといいます)では必ず反発するのかというと、そうではありません。

FXのレジサポラインをブレイクしたときの画像

このようにレジサポラインを過ぎると価格は一気に抜けていくのです。

これを「ブレイク」といいます。

ブレイクが起こると抜けた方向にトレンドが発生しやすいので順張りして乗っかるようにしましょう。

1.4 損切り位置は必ず浅めに!

レジサポラインを抜けるとブレイクすることがわかりましたね?

ただブレイクはそう起こるものではないので、基本的にはレジサポラインで逆張りを狙いましょう。

その時の注意点として、「損切り位置」が非常に大切になります。

万が一、ブレイクされたときに損切り位置を設定していなかった場合はかなりの損失がでますので、

損切り位置は、「レジサポラインより少し外」にしましょう。

2. 斜めに引くのもアリ

レジサポラインは水平方向だけなのか?と思う方もおられるかもしれませんね。

実は、水平方向だけではなく、斜めに引くこともアリです。

また、以下の画像のようにレジサポラインの両者が平行でなければならないというわけでもありません。

レジサポ転換の解説

これらのレジサポラインを組み合わせることで、

【初心者必見】超重要チャートパターン厳選9種!で紹介しているチャートパターンになります。

www.hifumix.com

3. MT4での使い方

では、実際にレジサポラインの引き方を説明します。

3.1 パソコン編

PCでのレジサポラインの引き方
挿入→ライン→水平線(トレンドライン)

引き方はとても簡単で、

画面上部の「挿入」→「ライン」→「水平線(その他好きな線)」で引くことができ、あとはマウスで好きな位置に動かすだけです。

3.2 スマホ編

レジサポラインの引き方(スマホ、iphone)

チャート画面上部にある「図形マークを押す」→「好きな線種を選ぶ」→「引きたい位置へ移動」でできます。

消したいなと思ったときは線を長押しすると削除できるコマンドがでてきます。

4. レジサポラインと一緒に使いたいテクニカル指標!

レジサポラインも他のテクニカル指標と合わせることでダマシの確率も減り、勝率がグンとあがります。

そこで、相性のいい手法を載せてますので是非みていってくださいね!

www.hifumix.com

www.hifumix.com

5. まとめ

レジサポラインは世界中のトレーダーが注目していますので、FXをやる上では必修スキルといえます。

使い方も分かったと思うので、実際にチャートに引いて使ってみてくださいね!

それでは!