ひふみっくす!

副業や投資、FXで脱サラするための知識やコツを、4年で1億2000万の利益を叩き出したFXトレーダーひふみが徹底解説!

【初心者向け】ローソク足の強力な反転シグナル!ピンバー手法!

ローソク足の強力な反転シグナル!ピンバー手法!

こんにちは、ひふみです。

『ピンバ―手法って簡単そう』

『長いヒゲがでたら反転してない?』

そう思っている方がいれば大正解です。

今回はシンプルでかつ勝率が高い絶対知っておくべきピンバー手法を解説します。

わたしのトレード仲間の1人で、ピンバーのみを狙ってトレードする人もいるくらいの強力な手法です。

1. ピンバーは2種類ある

ピンバーは皆さんも見たことがあるであろうローソク足1本でできたピンバー

もう1つは同じ長さの陽線と陰線の2本で構成される2Bリバーサル(ツーバーリバーサル)があります。

1.1 ピンバー

ピンバーには「買いのピンバー」「売りのピンバー」があります。

買いのピンバーと、売りのピンバー

画像左側の、価格が上昇中で上に大きくひげが出た場合は「売りのピンバー」です。

上昇中にでた反転シグナルになるのでこの場合は売りエントリーをします。

次に、画像右側の価格が下降中に下に大きくヒゲが出た場合は「買いのピンバー」となります。

この場合は、下降中の反転シグナルなので、買いでエントリーしていきます。

1.2 2バーリバーサル

2バーリバーサルはみなさんあまり馴染みがないかもしれません。

2バーリバーサルとは同じ長さの陽線と陰線が2つ並んだときに反転シグナルになるピンバーです。

FXのツーバーリバーサルの画像

画像のように、陽線と陰線がでたところを時間足を変えて見てみることで、1つのピンバーとして現れます。

その結果、反転のシグナルとみることができ、ピンバー手法の1つになります。

2. ピンバーはなぜ反転シグナルになるのか

では、なぜピンバーが反転シグナルになるのでしょうか。

その答えは3つあります。

① 誰が見てもわかりやすい

② 価格の戻り

③ 大衆の焦りや不安 【① 誰が見てもわかりやすい】 「ピンバーというローソク足がでたら反転する」という非常にシンプルなものなので取り入れやすく、世界中のトレーダーが意識しています。

【② 価格の戻り】 一旦売りが入ってから同額の買いがはいることでピンバーは生まれます。

このように価格の戻りがあることで売りと買いの勢力が反転し、価格も逆行していきます。

【③ 大衆の焦りや不安】

ローソク足のヒゲは損切りや含み損などの不安要素により発生します。

そのヒゲが大きなピンバーはトレーダーの不安要素で詰まっており、それが大きな反転エネルギーとなるのです。

3. 実際に使ってみよう

実際のチャートでピンバーを見てみるとこのような感じです。

他のローソク足に比べて、ヒゲがはるかに長いのが特徴です。

FX ピンバーの画像

FX ツーバーリバーサル

ピンバーかどうかわからないものもあるとおもいますが、

少なくとも「実体よりヒゲのほうが長いもの」をピンバーとしてくださいね。

3.1 エントリーポイント

ピンバーがどういうものかわかりましたね!

では、エントリーはいつすればいいのでしょうか。

長いひげができ、ピンバーだなと思ったときに早くエントリーをしようと思った方は間違いです。

必ず、ピンバーのローソク足が確定してからエントリーをしてください。

ピンバー手法のエントリーポイント
ピンバー確定後、高値ブレイクでエントリー

2バーリバーサルも同じですね。

2本目のローソク足が確定し、イラストのようにきれいな形になったときにエントリーを行います。

ここで1つ補足をします。

「ピンバーかな」と思ったときは、同じように思った方も多いのでさほど反発は期待できません。

「ピンバーだ!!」と思ったときにエントリーを行いましょう。

誰でもわかるきれいなピンバーがでたときこそがチャンスです!

3.2 利確・損切りポイント

利確ポイント

利確ポイントは基本的には移動平均線と接触したときになります。

急な反転であった場合は、移動平均線を突き抜けることがありますがその場合は、エントリーしてからローソク足1本2本で利確するようにしましょう。

ピンバー手法の利確ポイント

損切りポイント

損切りはヒゲの1番先端に設定しておき、エントリーしてから含み益になれば、損切り値を建値(エントリー値)に設定します。

ピンバー手法の損切り位置

3.3 信頼度の高い時間足

ピンバー手法、これでみなさん使えるようになりましたね!

ここで1つ、疑問があると思います。

「使えるようになったけど、どの時間足で使えばいいのか」 わたしは、15分足以上の時間足で使います。

ではなぜ1分足や5分足では使わないのかというと、短期足ほどブレが大きいですよね。

なのでピンバーが確定したとしてもそのまま反発しないこともよくあります。

ですが、スキャルピングでも十分使えるので、きれいなピンバーが出た場合はたいてい反発しますよ。

3.4 勝率はどのくらい?

このページを読んでいる方はおそらく得意な手法がまだなかったり、試行錯誤中で手法が定まっていない方が多いと思います。

そこでみなさんが気になるのがズバリ勝率ですよね。

このピンバー手法はかなり期待できるものでわたし自身、1時間足だと7割程度はいきます。

これも、ピンバー手法単体であって、ほかの手法と組み合わせることでさらに勝率を高めることができますよ!

まずはピンバー手法単体で実践してみてください。

ピンバー手法と相性のいい手法こちら

www.hifumix.com

www.hifumix.com

4. まとめ

いかがでしたか。

ピンバー手法は初めてFXをやる方にも非常にシンプルでわかりやすい手法です。

それゆえに、トレードで取り入れている方も多く、きれいなピンバーがでたときは必ずと言っていいほど反転しますので

是非みなさんもトレードに取り入れてみてくださいね!

それでは!!