ひふみっくす!

副業や投資、FXで脱サラするための知識やコツを、4年で1億2000万の利益を叩き出したFXトレーダーひふみが徹底解説!

FXでよく聞くフィボナッチ・リトレースメントってなに?使い方は?

FXでよく聞くフィボナッチ・リトレースメントってなに?使い方は?

こんにちは、ひふみです。

FXについて調べたり、わたしの雑談・勉強グループにいると、

フィボナッチの61.8だとか38.2だとかよく目にしますよね。

そこで、今回はわかりやすくフィボナッチについて解説していきます。

簡単なので最後まで見ていってくださいね!!

1. フィボナッチを使わないと損!

うまいトレーダーでフィボナッチを使っていない方なんていません!

と言えるくらいフィボナッチはメジャーなものになります。

おそらく、義務教育でフィボナッチ数列といったワケのわからない勉強をしてきたみなさんなら「フィボナッチなんて避けて通りたい」と思う気持ちはとてもわかります(笑)

そうは言いつつもFXでのフィボナッチはとても単純明快なものなので安心してください。

1.1 フィボナッチってどういうもの?

簡単に言うと「黄金比」を使った数値です。

フィボナッチ数列というと「1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89・・・」

隣り合う2つの数字を足すことで上位の数字が表れます。

そのフィボナッチ数列の数値から導き出されるのが「23.6」「38.2」「61.8」「76.4」といった数値なんです。

黄金比とフィボナッチ数列の詳細はこちら

細かいことは置いといて、その中でもFXでよく使われるものが「38.2」「61.8」です。

1.2 FXでどういう風に使うの?

では、実際にどういう風につかうのか。というと

安値と高値までの間隔を0~100の数字に直したときに、

「38.2」「61.8」のところで押し安値や戻り高値といった反発ポイントができるだろうというものです。

実際のチャートで見てみるとこのようにしっかり反発していますよね。

ここで逆張りエントリーをしたり、ここを抜けたら大きくレートは動くなといった見方ができるようになるんです。

レジサポラインやトレンドラインは基本、チャートの外側にしかできませんが

フィボナッチはチャートの内側につくれるレジサポラインみたいなものです。

フィボナッチが使えるようになればエントリーチャンスはさらに増えることがわかりますよね?

2. フィボナッチを使ってみよう

FXのフィボナッチ・リトレースメント

チャートに引いてある黄色の水平線がフィボナッチです。(1番上と下が 0と100)

2.1 フィボナッチの引き方(PC編)

FXのフィボナッチの設定方法(PC編)
挿入→フィボナッチ→リトレースメント

左上の「挿入」→「フィボナッチ」→「リトレースメント」でフィボナッチを引けるようになります。

次に、高値から安値へとフィボナッチを引いていきます。

PCでのフィボナッチの引き方

このとき、高値でクリックしたまま安値へ向かい、安値のところで離します

途中で離すとフィボナッチがそこで止まるので注意です。

2.2 フィボナッチの引き方(スマホ・Iphone編)

スマホやIphoneでのフィボナッチの引き方

スマホでやる場合は、画像のような手順でフィボナッチを引くことができます。

チャート画面でもPCと同様に押したまま動かすようにしましょう。

3. フィボナッチで相場分析をする。

さきほど言った通りで、フィボナッチは押し安値や戻り高値の判断で使います。

68.2のところで逆張りしよう、抜けたら順張りしていこうといった使い方ができます。

レジサポラインと似たような使い方になるので自信ない方はもう一度復讐をしましょう。

www.hifumix.com

ここまで読めたら、フィボナッチはとても簡単に思えてきましたよね!

フィボナッチが使えるようになれば他にもかなり優秀な手法も使えるようになるので

練習して実際のトレードで使ってみてください

↓のフィボナッチを使う手法もマスターしてどんどんステップアップしていきましょう!

www.hifumix.com

www.hifumix.com

4. まとめ

フィボナッチの数値に不思議と相場は反応するんですよね。

そもそもフィボナッチ数列の数値は自然界に存在するものの多くがこの中の数値で表せるといいます。

オウムガイの貝の面積比、木の枝の増え方、ひまわりの花びらの数、などなど。

それに加えて、世界中のトレーダーたちも注目しているからこそ、フィボナッチには反応しやすいと思っています。

設定さえわかればすぐにでも使える手法で、他の手法にも応用できるので必ず使えるようになりましょう!

ほかにも併用できる相性のいい手法を紹介しておきますね!

それでは!

www.hifumix.com

www.hifumix.com